【8日目】かっこ悪い大人


おはようございます!

とうとう、1週間が過ぎてしました。

楽しすぎて、時間が経つのがはやい。。

今日は、エンジニア探しのために、いくつかのベンチャー企業を回りました。

学生なんで、説明会という感じで潜り込めます。

そして、まーエンジニアはいない。

どこに行っても優秀な同年代のエンジニアなんてまーいない。

企業の人に行ったら、

『俺が教えて欲しいわ笑』

て言われる。

それぐらい、今のエンジニア不足は深刻なんだと思う。

今、エンジニアになったら、一生食って行けるも思う。

おすすめです。

やりたいことがない人、プログラムを勉強すると将来安泰だと思います。

英語なんか学ぶよりも、よっぽど生きていけます。

エンジニアがいないよ問題は深刻です。

夜は、自分が住ませてもらってるとこに、投資をしている投資家の人に会った。

六本木の個室日本料亭に呼びだされた。

高そうだな〜〜

と思いつつ、入った。

行くとカウンターに2人のおっさんが並んでいた。

おっさん『何がしたいの?』

僕『インターネットの中にもう一つ地球を作りたいと思ってます。』

おっさん『それもう前にあったよ。セカンドライフが。もう、終わってるよ。』

俺『まじすか、、』

最近、僕が思いついたアイデアは木っ端微塵にされた。

もう1人は、仮想通貨の専門家みたいな人で、僕の2.3冊本を読んだくらいの知識では、到底かなわず、またぼこぼこにされた。

その人たちは、投資家で4.5個会社を持っていて、何億円って金は平気で持っている。

いっていることは、ごもっともだ。

頭もすごくいいと思う。

でも、この人たちのようには、なりたくないなと思った。

全然かっこよくない。

楽しそうじゃない。

お金の話しかしない。

話は全然おもしろくない。

こんな人でも、お金持ちになれるんだと思った。

でも、僕が何を言ったとこで、相手にもしてくれない。

その人たちの、指標は金だ。

それなら、金を稼いでみろ。

1億の金を稼いでから言えよ。

死ぬほど、悔しかった。

僕は、こんな大人を見返すために、頑張れる。

こーゆーやつらが、そんなの絶対無理だっていうこと。

でも、俺はいけると思うこと。

それだからこそいける。

みんながいけると思ってたら、それは、もーみんなやってる。

ほとんどの人が無理だと、思うからやらないんだ。

でも、そこに逆転のチャンスは転がってると思う。

自分の直感を信じたい。

あんな人たちと一緒にいたら、僕はあーなってしまう。

僕は自分を信じて、ワクワクしながら生きて生きたい。

見とけよ、おっさん。

いつか絶対ペコペコさせてやる。

今日を忘れないようにしよう。

おやすみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です