【9日目】仲間を見つけた。風のような男。


おはようございます!!

今日は、朝からマックで、とある少年と会いました。

とある少年とは、UTECのイベントで会った人で、いきなり後ろから話しかられた。

少年『間入ってもいいかな?』

俺『どうぞ』

少年『太陽な人だね!LINE交換しようよ』

俺『ん!?!?おっおう。自分こそ風のようにLINE聞いてくるな。』

少年『そうかな。出会いは大切にしたいからね』

(こいつは、おもろい)

そして、昨日、投資家にボコボコにされる前の僕の案を少年に送っていた。

俺『インターネットの中に地球作ろう。』

少年『なによそれ!?おもしろそう。』

俺『話聞きいて』

少年『聞く聞く!』

そして、集まったのが、今日の朝マック。

過去の話とか、色々聞いたけど、すげー。

シンプルに天才だ。

天才に人生で初めてあったかもしれない。

普通に勉強してて、東大に入れて、何がすごいのかよく分からないらしい。

2年間休学して、スタートアップの経験もしている。

エクセルもできるし、めっちゃロジカルだし、デザイナーもできるし、営業もばりばりできる。

完璧だ。

そんな凄いやつが、

何もない僕に、

『もし良かったら、どんなに小さなことでも良いから一緒に事業を立ち上げない?』

と言ってくれる。

僕にあるのは、夢だけだ。

俺としては、是非是非『やろう!!!』

て感じだ。

俺は、ほんとに周りに恵まれてるな、

俺は神に何かしらの使命を与えられてるのかも知れない。

それな事まで思う。笑笑

頭がくるってきたのかもしれない。

そんなこんなで、天才くんとは別れて、

GoodFindのインターン面談へ。

エンジニアを探したかったので、

『どこへ行ったら優秀なエンジニアが探せますかね??』

と聞いた。

面談する人は、最初は何言ってんだ??的な反応だったが、僕の過去の話と、未来の話をすると面白がってくれて、3つの企業を紹介してくれた。

その一つは、今日の夜に選考があるらしく、

分かりました。と今日の夜選考を受けることにした。

その後は、例の会員制のヨガに行き、リフレッシュした。

その後は、選考にいった。

freeeという企業で、僕はこの会社が大好きだ。

ビジョンが大好きだ。

なので、エンジニアと出会える可能性は、あまり無いかもだが、一様、選考だけは受けときたかった。

普通に選考を終えた。

選考は、社員さんと話せるから好きだ。

一様、インターンには、すんなり行けることになったが週4の半年縛りってとこは、悩みどころだ。

あと、2社も受けてみたから決めようと思う。

そして、家に帰った。

するといきなり、

オーナー『今日から1日1000円になったから、まだいるならこれまでの7000円も払ってね』

俺『は???聞いてないです。』

そこから、激しい喧嘩があったがとてもここに書けるような内容ではないので、書かないが、自分は本当に、頭にくることを言われるとめっちゃなことを言ってしまう。

変なスイッチが入ってしまう。

よくないよくない。

悪い癖だ。

最後にオーナーが、

オーナー『そこまで言わなくていいじゃないか?』

俺『すいません。言い過ぎました。お世話になりました。』

僕は、家を失った。

明日は、朝からインターンだって言うのに、とりあえず、今日はネカフェに泊まろう。

おやすみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です