アゼルバイジャン、電気代が無料でマイニングし放題なんじゃないか説を検証して来た。


こんにちは!大田です!

2月10日から3月9日の一ヶ月間、アゼルバイジャンの行って色々調査をして来たので、その結果報告ということでここで、発表していきたいと思います。

まずがアゼルバイジャンに行った理由としては、大きく3つありました。

1 世界一の親日国であるといわれるアゼルバイジャン人に会ってみたかった。

2 建築物がかっこよすぎるからみてみたかった。

3 電気代が無料と聞いてマイニングしまくれるんじゃないかと思った。

この3つのついて自分なりに考察していこうと思います。

1 世界一の親日国であるといわれるアゼルバイジャン人に会ってみたかった。

これに関して一番感じることができたのは、やはりビザが無料なことですね。

なんか世界で唯一無料となると得した感がすごいです。笑

日本からの入国の時はもちろんですが、自分は一度隣の国のジョージアに行ったのですが、その国からアゼルバイジャンに帰ってく時もビザ代はかかりませんでした。

まじで、ジョージアではお金がなかったので、本当にありがたかったです。

あと、アゼルバイジャン人なのですが、めっちゃくちゃ優しい。

これは日本人だから、優しいのか、海外の人だから優しいのかは定かではないですが、とにかく優しいですね。

自分は日本の語学学校に行っているアゼルバイジャン人の友達と頻繁に飲みに行くことが多かったのですが、絶対僕にお金を出させてくれないんですよ。

アゼルバイジャン 『あなたはゲストだからお金払わなくていい。』

と行ってくれて、なんて優しい国なのかと感じました。

あと、アゼルバイジャンでお金がなさすぎて、路上で日本の感じを書くパフォーマンスをしたのですが、人の集まり方が以上でしたね。

 

ジョージアでも同じパフォーマンスをしたのですが、人は全然足を止めてくれなかったので、アゼルバイジャンはやはり親日の国なんだなと感じました。

是非行ってみてください。

2 建築物がかっこよすぎるからみてみたかった。

これはシンプルにばかかっこよかったですね。

やはり、印象に残っているのは、へいダル・アリエフ文化センターですね。

これは、博物館の中の動画です。撮影可だったので撮って来ました。

しかし、建物とかすごいんですけど。

おーーーー。すごいなーーー。

で終わっちゃうんで、それ目的で行くのはオススメしませんね。

それは好みの問題ですね。僕は、現地の人と飲みに行って異国の考え方や文化を知る方が楽しいと思うタイプです。

旅は人タイプですね。

はい。

3 電気代が無料と聞いてマイニングしまくれるんじゃないかと思った。

本題は、ここですね。

電気代無料!?!?

そんな国があるなら行ってマイニングするしかないでしょ

って勢いで行ったわけですが、二つの衝撃的事実を知ることになりました。

一つ目は、電気代が無料じゃない。

「え?」の画像検索結果

わけわかんないだろ。誰だよ無料って言ってたの。

テレビとかでもやってただろ。

日本のメディアなんかやっぱ信じちゃいけないよ。

そこで僕の無料マイニング一攫千金プロジェクトは打ち砕かれたわけですよ。

しかし、電気代は日本より全然やすまだ俺にはチャンスはある。

そう思いマイニングしている人とつながりました。

そして、もう一つの重大な事実を知ることができました。

2つ目は、そろそろアゼルバイジャンではマイニングが規制される。

「え?」の画像検索結果

これにて、僕のアゼルバイジャンでのマイニング計画は終止符を打たれました。

僕のような人が今後出ないよう。

ブログに書きました。しかし、いい失敗でした。楽しかったです。

また、面白い国あったら突発的に行くと思うんで情報ください。

しばらくは、日本でやりたいことやっていきます。空き家ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です