アゼルバイジャン考察⑨【税金について】 税金は高い?安い?


こんにちは!大田です!

今日は、税金について考察して行きたいと思います。

アゼルバイジャンにはどのような税制なのでしょうか?

税制の特徴

まず、アゼルバイジャンのに住んでいる人は、全世界所得課税です。全世界所得課税とは、外国で稼いだ額も自国に収めないといけないという事です。逆に非住居者は、アゼルバイジャン国内厳選所得のみ課税対象となります。

課税範囲は、法人または個人の居住者、所得や財産の厳選地により決定されるようです。

個人の場合には、1年で184日以上アゼルバイジャンに滞在すると居住者として扱われます。裏を返せば、184日以上いなかったら、税金を納める義務はなくなるということなります。

これをうまく活用し、世界中を飛び回っているパーマネントトラベラー(PT)と呼ばれる人たちもいます。

アゼルバイジャンに登録している法人には、業種にかかわらず、原則として、同じ法人税率が適用されます。

しかし、オイル天然ガス生産分配協定(PSA)およびBTCパイプラインおよびカスピ海パイプライン限定の受入国協定(HGA)の税制は例外的に違います。

それ以外の全ては全て同じ税制です。

税務登録

アゼルバイジャンで事業を行う全ての法人は、その事業収益が課税対象であるか田舎にかかわらず、国税庁に登録しなければならないです。

国税庁で登録するためには、本国の登記書類や他の法的書類の添付が必要です。

税務登録は3日で完了するそうです。早いですね。

駐在事務所や支店は、事業開始から1ヶ月以内に登録する必要があるようです!

法人税

アゼルバジャンの法人税は20%と比較的安いです。

日本は、40%と非常に高いので、税金の安いシンガポール香港に法人を作る人も多いですね。

法人税は、法人の課税所得に課されます。

利益の20%を収めてたらいいということですね。

経費として認められるものは、日本のものとほとんど一緒ですね。

キャピタルゲインは普通の法人所得として20%の税率で課税される。

外国法人の支店は、本国の本店に利益を送金するさい、税引き後の純利益の10%を利益送金税として納付する必要があります。

法人税は、日本と同じで暦年(1/1~12/31)で計算を行い、翌年の3/31までに税金を行わなければならないです。

個人所得税

個人所得税は、2013年1月1日から、個人所得税の最高税率が25%に引き下げられ、0%〜25%の累進課税です。

個人事業主の場合にも、法人税と同じく20%の税率が適用されます!

また、雇用者から支払われる各種手当や子女の教育手当、雇用者による税給与以外の従業員の経済的利益はすべて課税対象となります。

家庭用財産が事業活動に関連して処分するものでなければ非課税となり、不動産の売却については売主が少なくとも3年以上居住した不動産であれば、非課税となります。

 

まとめ

税金はややこしいですが、非常に大切なのでよくよく調べていきたいと思います。

アゼルバイジャンの税金は比較的安く、また経済特区などの税金がかからない地域などもあるので、ますます外国企業は参入して行くでしょう。

これからが楽しみですね!

それでは、また明日!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です