【3日目】東京はおもしろい。


via PressSync

こんにちは。

東京は、電車代がじわじわくる。

意外に高いな電車代。

自転車を買うことを考えてます。

今日は、昼からVALU優待で、

『あなたの代わりに本を書きます。』

ていう人が、いたので面白そうだったので買わせていただいた、方との打ち合わせをしました。

ついに、僕も本を出すときがきました。

しかも、なんと同級生。

内容はお楽しみということで、、笑

そして、今日は小幡さんのVALU優待の飲み会。

なんと、全奢りらしく、これはいくしかないと笑

小幡さんは自分の一つ上なんですけど、高校3年生で、起業されていて、地方創生会議といって、47都道府県から、地方の人を集めて会議をするといったことをされている社会起業家さんです。

動かしている人の規模の桁がちがいます。

一つ上で、ここまで違うのか。

自分の力の無さを改めて、感じます。

高校で、起業したい人なんか、やっぱいいて、僕より優秀な小学生なんかもいっぱいて、東京には、本当にバケモンしかいないです。

でも悔しいより、楽しいのほうが強いです。

そして荻窪で、7時から飲みが開催されたのですが、前のvalu飲み会とは、人の感じが全然違って、エンジニアチックな方が多かったです。

その中に、1人明らかに異質な人がいました。

社会起業家のオリィさんという方なのですが、発明家みたいな感じなんですよ。

しかもかっこいい。

その人やっていることが、まー面白くて、簡単にいったら、ロボットとかを作ってるわけですよ。

その人が、開発したロボットで、オリヒメというロボットがいます。

↓オリヒメです。

で、何をするかっていうと、寝たきりになったおじいちゃん、おばあちゃんが今の日本には、10万人くらいいるらしくて、意識がしっかりししていれば、眼球だけは動かことができるらしいんですよ。

それで、いままではそーゆー人たちとコミュニケーションをとるためには、「あいうえお〜わをん」を書いてあるボードみたいなのを、手でもって、どこの文字を眼球が追っているかで、一文字一文字さぐって、文にするという途方も無い、作業が行われていたらしいんですが、

それを解決するのが、『オリヒメ』で、まず眼球の動きを認識するシステムで、眼球の動きを、認識し。どこをみているかが、認識できる仕組みになっているので、すぐに文字を打ち込める。

その打ち込んだ『言葉』をオリヒメが話したり、イエスとかノーも選択すれば、頷いたり、首を振ったりする。

オリヒメには、地球の裏側にも、もっていけて、オリヒメの目は、カメラになっていて、オリヒメのみている世界は、見えるようになっている。

この技術がもっと進めば、人は家から一歩もでずに、自分の体がロボットに乗り移ったように、コンビニにいけて、学校にもいける。

その人いわく、『人の体が一つしかないのは、おかしいといってた。』

こーゆー、話をすると、すごいてなる人もいるが、でも人が動かなくなってしまって、ダメになるんじゃないかなとか、それは良くないとか言ってくる人たちもいる。

いやいや、シンプルにすごいだろと。笑

なぜ、そう全て否定から入るのか、嫌だったら使わなかったらいいだけだ。

そのオリィさんと、小幡さんは、『夢アワード』という、日本一素晴らしい夢を決めるという、毎年行われている大会があるらしく、オリィさんは4期のグランプリで、小幡さんは6期のファイナリストだ。

それが、今年も開催されるらしく、自分もこれは出るしかないとワクワクしている。

なんとグランプリは、2000万円の融資が受けられるらしい。

本当に、いい会だった。

そして、あともう一ついいことがあった。

それは、そこの会で出会った人と話していたら、ヨガの話になった。

その人が入っているヨガ教室は、完全紹介制のところで、なんとプロ野球選手、プロサッカー選手、女子アナから俳優まで、各界の著名人であふれているらしい、そして、その人が僕を面白がってくれて、紹介するよと。

最高だ。

多分、学生は僕だけだろう。

会費は、20000円だが、自己投資と思えば安いもんだ。

なので、明日は朝からそのジムに行ってきます。

毎日、何か起こる東京わ。

おやすみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です